ぜんぶ本の話の話

 池澤春菜さんが演じられたキャラで好きなのはバーシア・デュセル(UQ3)です。うだーっとした感じで、飄々としつつも、かわいいのです。あと、あの頃とは言え、攻略キャラでヘビースモーカーって珍しかったよね。
 なお、池澤夏樹さんの小説で好きなのはスティル・ライフです。
 

 

スティル・ライフ (中公文庫)

スティル・ライフ (中公文庫)

  • 作者:池澤 夏樹
  • 発売日: 1991/12/10
  • メディア: 文庫
 

 

 というわけで、ご結婚を発表されて非常にめでたい感じですけど、あまり関係なく、「ぜんぶ本の話(池澤夏樹 池澤春菜)」を読みました。
 

 

ぜんぶ本の話

ぜんぶ本の話

 
 
そういえばわたしは小さい頃、本を買うものと思っていなかった。いつもパパのところに本が届くじゃない? だから本って向こうから「来る」ものだと思っていた(笑)。
 
 という環境の、日本を代表する書痴、ビブリオマニアと言っても過言ではない親子の対談集。ほんと、もう、まじでぜんぶ本の話しかしていない(笑)。この親にしてこの子あり。池澤夏樹さんと池澤春菜さんだけでなく、福永武彦池澤夏樹さんの間にも言えることですけど。
 そんな二人の話は、本当に面白くて、あれもこれも読みたい! と思うものばかりで、個人的には、SFよりもミステリな人なので、その辺りが少しさらっと流されてしまったかな? とちょっと残念な気もするけど、その分めっちゃSFがっつり話しているのをとても興味深く読めたし、池澤夏樹さんが語る福永武彦というのも、非常に面白かったです。結構、あけすけにバッサリ語ってる(笑)。
 あと、池澤春菜さんが声優になったきっかけというのも、そんなことがあったんだぁ、と今更ながら知って、ふむふむ……と思ったり。って、池澤春菜さん、別名で脚本書いてるのか……。何だ……何で書いてるんだ……。めっちゃ気になる……。
 
 いつか、池澤春菜さんの書いた小説も読みたいと思います。
 ほんと、いや、結構まじで待ってる……。
 自分の曲の作詞とかもされてるけど、言葉の選び方がとっても良いのよ……。

りゅうおうのおしごと!12巻を読んだので感想を書こうと思いました

 

りゅうおうのおしごと! 12 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 12 (GA文庫)

 

 

 はい、表紙の銀子ちゃんかわいいですね。
 うん。かわいい。
 という本題に入る前に前置きです。

 

 正直、羨ましいと思った。
 八一がではなく、いや、確かに、
『頓死しろリア充。ぶちころすぞ』
 というくらいに羨ましくはあるけど、それよりも、鏡洲さんが、椚が、辛香が、坂梨が、そして、於鬼頭が、銀子が羨ましい。
 彼等が戦う盤上は、恐ろしく、とても美しい。
 なぜ美しいのか。
 それは、彼等が一刀のもとに相手を斬り伏せようとする白刃の舞う場所であるから。
 そんな場所が、美しくないはずがない。
 そして、そんな場所で戦う彼等が感じる、あの、チリチリとした、空気が焦げ付くような、深海に沈められたような、感覚が研ぎ澄まされていくような、痛みが鈍くなっていくような、何か真実のようなものか、深淵のようなものか、神か悪魔か、自分が溶け出していって明確な意識の白刃を貫くような、そんな感覚をどうしても羨ましいと感じてしまう。

 その感覚は、将棋だけじゃなくて、たぶん、囲碁とかチェス、麻雀やe-sportsでも同じだろうし、リングの上でボクサーが感じるものと同じかもしれないし、ピッチの上で選手が感じるものと同じかもしれない。
 もっと言うと、ステージの上でシンガーが思うこととか、キーボードの前で小説家が考えることとか、高座で落語家が感じることとかと同じかもしれない。または、研究者が思考に沈殿するときに沈み込む場所と同じかもしれない。

 その感覚を味わえない自分がとても悔しく、彼等が羨ましい。

 だから、月夜見坂さんや鵠さんの気持ちが少しだけわかる。
 いや、もちろん、自分は彼女たちのように強くはない。
 けれど、戦いたい相手が遠くにいて、自分たちではそこには届かないことを知っている悔しさ。自分への怒り。何よりもその場で戦うものたちへの羨望。それを考える自分への嫌悪。
 たぶん、自分が感じるのは、彼女たちの何分の一にも満たないだろう。
 戦うことを焦がれて、炎を遠くに見るだけの悔しさを。

 

「ここが! この戦場が! 私の魂の場所よ!」by マグノリア・カーチス(ACVD)

 と叫べる場所を求めて。

 そして、ちょっと古い映画だけど、ディア・ハンターという映画がある。
 ベトナム戦争を扱った映画の傑作として名高い。
 徴兵でベトナム戦争へと行った若者たちの物語です。
 戦争で戦った一人の若者の姿に、棋士たちの姿をどうしても重ねてしまうのです。

 

 

 というわけで、ここから本題です。
 いやー、銀子ちゃんかわいい!
 なにこのいきなりリア充になったらリア充のやり方わからなくてドギマギする感じというか、そりゃ桂香さんもあんな反応になるわ! ええと、今まで押さえつけていた分いきなり爆発したって感じ? 爆発するのはリア充の証拠ってやつ?
「誰よりも高く飛びたいなら、誰よりも低く身構えるのさ」
 ってやつですか? ジョー・ストラマーかよ! 秘密とか言ってるくせに所構わずいてもいなくてもいちゃつきやがって……桂香さんじゃなくても爆ぜればいいのに! とか思うわ! 俺も桂香さんと一緒にストロングゼロ飲むわ!
 そして天衣ですよ!
 はい、しんだー。
 まさかの一手詰みで拙者しんだわー。
 まずさ、登場人物紹介からしてかわいいのよ。
 ほんとね、ずるいのよ。
 散々大人っぽいところとか子供っぽいかわいさとか出してて、素直になるところは素直になるし、覚悟を決めた強さというか、九頭竜一門会議のところとか、とっても良かったのですよ。そして、やはり、シートでローリングな♡にそこもとの心も(I can't get no)Satisfactionなのでござるよ。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!のDAY 1のLVに行ってきたので夢見りあむへのお気持ちを表明します

 タイトルが長い。

 昨年、こんな感じで夢見りあむへのお気持ちを表明した自分なので、このタイミングで改めてお気持ちを表明せねばならぬ。そう、考えたわけです。

nthlibrary.hatenablog.com

 今回のライブで考えたことですが、アイドルマスターに代表されるような声優アイドルコンテンツというのは、とても微妙なバランスの上に成り立っていると思う。
 ・キャラ
 ・声優
 ・ファン(アイマスだとプロデューサーだけど簡単のためにファンと書きます)
 これら三要素が互いにバランスをとり、ひとつの虚像を生み出す。
 キャラが弱くて声優とファンだけだったら、それもうキャラいらなくね? ってなるし、キャラとファンが強ければ声優の価値がなくなるし、キャラと声優だけであれば、運営側の独りよがりで終わってしまう。

 そして、夢見りあむを考える。

 突然新アイドルとして登場し、炎上しながらも(まさにキャラの通り)総選挙で3位になり、めでたく声がついて約1年。
 キャラは、まぁ、たぶん濃い。
 炎上するくらいには濃い。
 ただ、それがキャラの人気かどうかはわからん。
 声優──星希成奏さんは、もともとアイドル? として活躍されていた方らしいので、たぶん実力はある。
 ファン──確かに炎上はするけれど、りあむを好きだという人もいる。
 という感じで、バランスが取れているかどうかは、正直わからなかった。

 そして、夢見りあむ──星希成奏さんが演じる夢見りあむが初めて立ったステージ。
 2日目行けなかったのでコメントは直接は聞けてないんですけど、「りあむだったらどうするだろうか?」と必死に、素敵にりあむを演じてくださった星希成奏さん。そんな彼女に声援を送るファン(プロデューサー)たち。
 自分には、それは、愛し方も愛され方も知らないりあむが、不器用ながらも懸命に愛して、愛されている姿に見えた。気がする。言い過ぎかもわからんけど。

 いや、夢見りあむ。
 ちゃんと愛されてるじゃん。
 良かった。
 安心した。

 夢見りあむというキャラを愛して、夢見りあむというキャラを楽しみにしているファンのために一生懸命に演じてくださる星希成奏さんがいて。
 夢見りあむというキャラと、それを演じる星希成奏さんに声援を送るファンがいて。

 たぶん、夢見りあむというキャラは、それを素直に喜ぶことはないと思う。
 疑いながら、恐れながら、おどけた笑みを自信なさげに浮かべるだろう。
 自分をこんな素敵な人に演じてもらって良いのか。
 自分に向かってこんなに大勢が声援を送るのか。
 けれど、ほんの微かにでも彼女が喜ぶのであれば、たぶん、僕は幸せになれると思う。

 ──まぁ、りあむだから、一通り戸惑った後に、
「ふ……ふーん、ほんとチョロいなヲタク!」
 とか強がりを言いそうだけど。

 ECHOESというバンドがあった。
 わかりやすくいうと、芥川賞作家の辻仁成が昔やっていたバンド。
 その有名な曲でZOOというのがある。
 滑稽で愚かかもしれないけど、厳しい都会を社会を、素直に必死に愛を求めて生きるという歌。

 ほらね そっくりなサルが僕を指してる
 きっと どこか似ているんだ僕と君のように
 愛を下さい 愛を下さい ZOO
 愛を下さい 愛を下さい ZOO, ZOO


ECHOES - ZOO


 これから先も、夢見りあむというキャラは炎上するかもしれない。
 他のキャラのように素直な人気というのは出ないかもしれない。
 けれど、たぶん、これからも、こうして時折彼女のことを考えるんだと思う。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!のDAY 1の感想

タイトルが長い。
というわけで、シンデレラガールズの7thライブの大阪の1日目の感想です。
※2日目は仕事でした
※昨日感想書こうと思ったけど、徹夜で仕事だったので寝てました

まずはざっくり全体感。
しょっぱなから福原綾香さんがめっちゃかっこいい……
・桜咲千依さんかわいい……
渕上舞さんつよつよ過ぎるだろ
・in fact(橘ありす/佐藤亜美菜さん)のアレンジジャジーで良い
・Paletteのアレンジ良かったー。生だったらこういうのがいいんだよ
・なつきち(安野希世乃さん)がいないRockin' Emotionがえもえものえもだった
東山奈央さんの安定性すごい。今度はとうとう28歳の東山奈央さんが見られる……!
・並んだ時にわかるんだけど、東山奈央さん、背が大きくないのが良き
・花井美春さんのおんなの道は星の道、熱い。ロックだ※演歌です
・桜咲千依さんかわいい
牧野由依さんがきれいだったです
・星希成奏さん/夢見りあむについては、別エントリでお気持ちを表明させていただきたいと考えております。

ちょっと音について。
・全体的に、あーこれは盛り上がるだろうし売れるだろうなぁ、という感じの曲が多いというのが、バンドになるとより鮮明になる気がする。
・なんというか、ランキング・ロックみたいな感じ?
・という中でも、渕上舞さん/北条加蓮佐藤亜美菜さん/橘ありすのアコースティックは、それぞれ方向性が微妙に違いつつ、歌の強さが素晴らしかったです。
・そういったあたりだと、2日目の牧野由依さん/佐久間まゆが聞きたかった……!
・Paletteみたいに、いわゆるロック調じゃない曲をどうやって生バンドでアレンジするか? というのが楽しみでもあったんだけど、そのあたりは、無難にロック調に寄せてきたなーという感じで。
・多分、会場やLVのPちゃんたちも、こういうのを望んでるんだろうなぁ、と。
・期待していた通りのものを、期待以上にみせるというのは、とても難しいし、それをやってのけたというのは、本当にすごいことだと思います。

で、今回のGlowing Rock!というので、ちょっとロックというものについて考えてみる。
ロックとは何か?
おそらく、ここ数十年、繰り返し問い続けられた命題だと思う。
辞書的な意味ではなく、形而上的な意味を。
それぞれの中にそれぞれのロックがある。
もしかしたら、ないかもしれない。
いや、たぶん、アイマスのライブに来る人のほとんどには、ないと思う。
でも、それはマイナスではなくて、ある意味、その方が幸せかもしれない。
だいたい、そんなめんどくさいこと、考えるのも無駄だろうし、もっと生産的なことに頭を使えばいいはずだ。
けれど、考えなければいけない。
問い続けなければいけない。
ロックとは何か。
今の自分の答えは、「衝動」だ。
湧き上がる想い、感情、喜び、悲しみ、怒り、嘆き、愛情、欲望……それらがどうしようもなく溢れ出したものがロックだと思ってる。
たぶん、中二みたいな恥ずかしいこと書いているのはわかってる。
けれど、もう少し続ける。
ロックは衝動。
そうしたとき、アイマスのようにキャラクターを演じる声優さんのライブというのは、メリットとデメリットの両方を背負うことになる。
まずは、デメリットを説明する。
ロックとして溢れる衝動は誰のものか?
キャラクタなのか、演じている本人なのか。
そこに壁や戸惑い、不安があると、衝動は勢いを無くする。
そうすると、退屈なチャートの流行歌にも劣ってしまう。
メリットは、キャラクタとしての衝動と、演者としての衝動を重ね合わせれば、それは力強いロックになる。
今回のライブで言うと、薄荷(渕上舞さん/北条加蓮)、in fact(佐藤亜美菜さん/橘ありす)やRockin' Emotion(金子真由美さん/藤本里奈高森奈津美さん/前川みく三宅麻理恵さん/安部菜々青木瑠璃子さん/多田李衣菜、原優子さん/向井拓海)が特にそれを感じました。

結局、何を言いたいかというと、
 Rockは魂。
 魂と書いてハートと読む。
 魂を込めればなんでもできる。
 Thank You Rock!
 (種崎敦美さん/五十嵐響子)
ということです。

リスアニ!LIVE2020のDAY2行ってきました

 友人に誘っていただいて、リスアニ!LIVE2020のDAY2行ってきました。
・まずはスフィア。
・安定して強い(強い)。
・あと、ネズミの衣装かわいかったです。
MOON SIGNAL、聞いたことある! って上がったけど何の曲だったか忘れてたけど、ざくろか! ってなって懐か死。
・まさか、これが伏線になっていようとは……。
・次は小倉唯さん。
・先週、某タカヒナさんに教えてもらって予習した甲斐があって楽しめました。
・halcaさんは、やっぱり知ってる曲(放課後のリバティ)がぐっときました。
・あと、one another、スネアがめっちゃ変則的な感じでkz……! ってすぐわかる感じでした。
・ReoNaさんは、ほんと一瞬で空気を変えるね。
・SAO GGOの曲でしか知らなかったけど、生で聞いて、一気に好きになったです。
・ちょっと、ライブ行ってみたいかも。
・あとね、インタビューの時がかわいかったです。ギャップ!
諸星すみれさん。異世界の司書のはあわなくてアニメ見てなかったけど、あんな変態なOPだったのか!
・五拍子と六拍子で変拍子とか、初見だと光る棒も振れないわ! ナイルじゃないんだし。
※ナイル:アメリカの変なバンド。昔コピーしたことある。
・でも、レーベルがフライングドッグと聞いて、なぜか納得してしまう。
・で、仮面をつけたClariS
ClariS、こんなにかわいい曲だったっけ? ってなってた。
THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARSは、実は、アイマス関連を生で見るの初めてだったりする。
・強いな……強いな!
・いやー、これは強い、貫禄。
・一気に全部持ってくもん。強い。
・実は765の曲ほとんど知らなかったことはここだけの秘密。
・逆にいうと、そういう人も一気に持っていかれるくらいに強かったということです。
・続いてMay'nさん。
・強い。うん、May'nは強い。かっこいい。惚れる。
・「全部大丈夫」がめっちゃ良かったです。
・あと、Shine A Lightが多幸感! って感じで、本当に幸せになれた。
・で、最後、トリがLiSAさん。
・多分、もう、Twitterとかで話題になってるかもしれないですけど、すごかった。
・優勝。
・序盤、一気に盛り上げたところで、まさかのcrow song来るとは思わないじゃん?
・でさ、その後に一番の宝物来ると思わないじゃん?
・ガルデモだよ? AB!だよ? もう10年前だよ?
・その10年の間に、たくさんトレーニングとかして、たくさんの人生を重ねて、大切な人も見つけて(ご結婚おめでとうございます!)、技術力と表現力と、歌に対する思いを積み重ねた一番の宝物ですよ? そんなの、もう、あかんじゃないですか……。
・で、次の曲がunlastingですよ……。ダメだって……。
・そして、最後にADAMAS→紅蓮華。
・成仏したと思ったら、鬼になったよ……。

 という感じでした。

 いやぁ、ライブっていいですねぇ。

#空の青さを知る人よ を見てきました #空青

soraaoproject.jp

 いや、あれじゃないですか。
 橋の上であおいがエピフォンのサンダーバードをかき鳴らすシーンだけでもう優勝じゃないですか!
 というわけで、「空の青さを知る人よ」を見てきました。
 冒頭からガッチリ掴まれてしまったわけですけど、秩父の自然とある意味狭さを感じさせるような街の風景とがとてもきれいで、そして、その中で描かれる青春のストーリーというか、もう、とにかく、あおいがめっちゃゴリゴリなベース弾いてるだけで、それだけで100点満点で30000000点くらいにやられてました。

 印象的だったのは、あおいがあかねに突っかかるシーン。
 あそこのあかねの反応というか、表情が、もう、完璧。
 姉妹といえど、完全にはわかりあえないという現実を突きつけつつ、お互いが相手を大切に思っているからこそのすれ違いというか、あんなの絶対にずるいやん……。

 いや、正直ね、音楽とか絶対プロとか無理だよねぇ、とか、そもそもその道を選ばなかった自分のような人間としては、しんのもめっちゃ眩しいというか、今のポジションだって、もう、めっちゃすごいやん! って思うレベルなんですけど、それでも、「空の青さを知る人よ」を弾く時の顔がちょっと複雑な表情があったり、あれですよ、赤いファイヤーバードというのがまた象徴的だし、あおい、それに合わせてサンダーバードだな! というのも、まためっちゃ良い……。

 あとですね、みちんこ親子のキャラがとても良いんですよね。特に、みちんこは落合福嗣さんの演技が素晴らしい。大人の物分かりの良さとか妥協とか、ちょっとしたいやらしさとか知ってるけど、でも、芯のところではあおいとあかねを見守る純粋な暖かさを持っているというような難しいキャラだと思うんですけど、それが存分に感じられる声だったと思います。

 で、個人的には、やっぱり、あおいの方が好きなんですよね。
 あの、慎之介にベースの弾き方とか突っ込まれるシーンがあるじゃないですか。あそこで指摘されてる内容が、もう、全てわかる……! ってなって、とにかく愛おしいんですよ。あかねとの関係とか色々と考えることがぐしゃーってなってて、でも、それしかないからとにかく弾くしかなくて、みたいな荒々しさがよくわかるというか、あおいにとってのベースというのが、自分からあかねを解放する武器であり、でも、その武器はまたあかねの傷のひとつにつながるものであり、でも、この武器はどんなものより最高で一番強い武器であり。
 そう考えると、やっぱり、ここはエピフォンのサンダーバードの四弦というのが最高なんですよ!
 ジャズベだと大人しすぎる、プレベだとパンクに寄りすぎて微妙な心の機微が描ききれず、多弦ベースを使うような器用なことはできない。
 ※あくまで作劇上の視点で、ジャズベでめっちゃゴリゴリなのもできるし、プレベで繊細で流れるようなメロディが弾けるのはもちろんあるけど。
 ※ただ、個人的には多弦ベースはあまり好みではないですけど。

 そして、あかね。
 毎日生活していくということの大変さ、特に、姉妹二人で生きていくことの大変さというのがありつつ、それも十年以上経てばそれなりにリズムというか、慣れもするだろうなぁ、というものを匂わせつつ、慎之介を送っていたシーンとか姉妹二人で寝るシーンで見せたような強さ、したたかさとかは彼女もそれなりに生きてきたんだなぁ、というのを思わせて、それでも一歩踏み外すとどこかへ落ちてしまいそうな空気も漂わせてて、とにかく、あかねの造形が素晴らしかったと思います。
 いや、あんな、太眉メガネのほんわかお姉さん(ただしめっちゃ強い(けど脆いところもある))とか、絶対に素晴らしいに決まってるじゃないですか!

 というよりですね、わかりやすくいうと、あかねが好きとかなんとかいうんじゃなくて、ぶっちゃけた話、あかねみたいになりたいじゃないですか! というより、あかねになりたい! あかねになって、あんな太眉ツンツンジト目な妹の恋を暖かく見守りたいじゃないですか!

 エンドロールのバック。
 みんなが幸せそうで、本当に、本当に良い映画だと思いました。

#犬フェス2 の1日目に行ってきました

 昨日ですが、豊洲pitであった犬フェス2の1日目に行ってきました。
 わかりやすく箇条書きで感想を書こうと思います。
・まずは鈴木みのりさんのFEELING AROUND。ネギ緑のペンライト振るの楽しい!
・ヘンなことがしたい! で畳み掛けられる。変なこと楽しい!
・という感じで開幕から一気にトップギアなんだけど、鈴木みのりさん、ほんと煽るのがうまいよね。
・続いてのリワインドもめっちゃかわいい! な感じで最高!
・で、Crosswalk。絶対聴きたい! と思っていたので、嬉しかったー
・煽るだけじゃなく、しっとりさせられるのも鈴木みのりさんの魅力だと思います。
・観客のギアの動かし方がうまいんですよね。鈴木みのりさん。
・最後にダメハダメで盛り上げて終わり!
・かと思ったら、次のわたてん☆5とコラボ!
・わたてん☆5は知らなかったけど、かわいい! かわいいが溢れていました。
・わたてん☆の曲は全体的にロックンロールな感じで面白かったです。
鈴木みのりさんとかのぞみるとかは、曲の幅が広いんですけど、こういうテーマがあるのも面白いなぁ、と。
・わたてん☆5の次はバイクのエンジン音で西田望見さんのフルスロットルで行こうぜ!
・この夏、のぞみるのソロデビューで、リリイベ行って、リスアニ行って……そして犬フェス2が総決算みたいな感じで……良かった……。
・Bubble Balloon Museumのジャジーな感じ好きー
・ロンリーロンリーシンギュラリティ、とっても好きなので、聴けて良かった!
・絶対に、これを歌うのぞみるかわいいと思ってたんだ……かわいい……
・MCで増税話とか、社会派なのぞみる。家買った人すげぇ。
・dollまできたところで、ということは最後はもしかして……? と思い始めて、
・やっぱり最後はキメキトイア! 楽しい! めっちゃ楽しい!
・タオル回したり楽しい!
・のぞみるもとても楽しそうだったし、オーディエンスも楽しそうで、本当に良かった……。
・全体的に、曲もMCもリラックスしてるように見えて、楽しくて良かった!
・で終わりかと思ったら、次の沼倉愛美さんとコラボ! これは嬉しい! やった!
・沼倉さんかっこいいし、のぞみるもかわいいかっこいいし、最高!
・で、沼倉愛美さん。あんまり聞いたことないよなぁ、と思ってたんですけど、うん、聞いたことあるね! という風に思い出す曲ばっかりで。
・沼倉さんは、MCがかわいい……。ぬーさんかわいい……。
・ぬーさんにわんわんと呼ばれて悦ぶオーディエンス。
・ドウモ、犬デス。
・でも、曲はかっこいい!
・そして、東山奈央さんと、沼倉愛美さんで、スノーホワイトリップルでまほいく! で叫べをコラボ! やった! 優勝!
東山奈央さんは、いや、ずっと、めっちゃうまいというのはわかってたんですよ、でも、すごかった……。
・すいません、ちょっと、東山奈央なめてたわ……。
・かっこいいのとかわいいのと、いろんな東山さんが見られて、いやぁ、この人のライブとか楽しいだろうなぁ、と思ったり。
・でも、そんな完璧な東山さんでも、ギターはそうでもないのね、というので、変な話、ちょっと安心したりw
・で、アンコールはフライングドッグさんの曲のメドレー。
鈴木みのりさんでnowhere、めっちゃヤンマーにした!
・わたてん☆5はかわいいなぁ……。
・そして、のぞみるでLet Me Be With You
・いや、Let Me Be With You、2月の犬フェスのパンフで、のぞみるが好きな曲として挙げててね……
・「のぞみるのLet Me Be With Youとか、めっちゃわかるし、それ、のぞみるバージョンでめっちゃ聞きたい! いや、むしろ聞かせてくださいお願いしますってなるし」なんてことを書いてたりするんすよ……自分……
参考リンク
・まぁ、ここまでで大体満足してるわけじゃないですか? したっけさ、沼倉愛美さんでSAVIOR OF SONGさ?
・はぁ……はぁ?
・ガチで普通に声出たわぁ……そりゃ上がるじゃんか……
・めっちゃstop & rewindしてFall & Unwindしたわ……2月は現地行けなかった分までstop & rewindしてFall & Unwindしたわ……燃え尽きるわ……
・したっけさ、次さ、東山奈央さんで海色さー。
・なにこの犬のくせにやけに海に強いの。
・最後は全員で星間飛行キラッ☆
・幸せ……幸せです……。